FXの利益とリスク

当サイトについて

FXをはじめとする投資活動には、利益を上げるために行うものですね。

 

その利益をあげるチャンスがあるときは、必ずそのそばに損失を出すリスクが付きものです。

 

それらのリスクをできる限り削っていくことは重要でしょう。

 

そのリスクを軽減させることを「リスクヘッジ」と言います。

 

このリスクヘッジには様々な方法があり、それらを実行することで、「ハイリスク・ハイリターン」の取引を「ローリスク・ハイリターン」に近づけることも可能になるのです。

 

当サイトでは、その様々あるリスクヘッジの方法の中の代表的なものと差金決済についてをご紹介しています。

多くの場合、女性の人がちょっと顔などを綺麗にする方法の1つに

美容整形があります。

お隣、韓国ではかなり多くの女性が美容整形をしているそうです。

そしてその範囲は、顔だけでなく、胸や性器に至るまで様々だそうです。

 

となると、男性が包茎に伴って包茎治療や包茎手術を行うことは、

一種の美容整形と言えます。

女性に比べると見られることへの対策とはちょっと違いますが、

見られた時の対策としての1つの手段としては包茎治療や包茎手術は

十分ありだと思います。

 

最近では、テレビで美容整形に嵌った人が、お顔の整った芸能人から

色々言われているのを見かけることがありますが、やはり現状で

悩んだりする人が美容整形をしていくのは、そんな悩みのない人が

どーのこーのと言うべきでもない問題のような気がしました。

 

それは男性の包茎に関する包茎治療包茎手術も同じだと思います。

多くの人は、特に何もしなくても問題はないのでしょうが、もしそれが

なんらかの悩みとなってしまうのであれば、包茎治療包茎手術をして

前向きになれたり、状況が改善するのであれば、美容整形のように

もっと気軽に出来てもいいのになあと思います。

 

続きを読む≫ 2013/10/29 15:19:29

FXでは、通常の商品を売買する時のように、その都度金銭の受け渡しを行うことはありません。

 

FXで行うような決済方法を「差金決済」と言い、この差金決済が行えることにより、 少額の金額で取引を行うことが出来ます。

 

差金決済を例をあげてに説明すると、始めに1ドル=120円のレートで「100ドル」を12,000円で購入し、レートが1ドル=140円に変動した後に 「100ドル」を再度、売ります。

 

この時、購入金12,000円の支払いを保留した状態で100ドルを“購入”し、その後、再度100ドルを売ります。

 

そして、売却金の14,000円を受け取らずに、購入金の12,000円と相殺することで、差額の2,000円だけを受け取ります。

 

このような決済の取り方を「差金決済」と言います。

 

このように、差金決済は“反対売買を行って差額分の金銭を受け渡しする”という前提の上での取引になります。

 

ちなみに、上記の例では、1ドル=140円にレートが変動したことで結果的に2,000円という利益が生まれましたが、レートの変動により「1ドル=90円」になった場合、売却金は9,000円になりますが、貸借金の12,000円は支払わなければいけないので、差額の3,000円は損失になってしまいます。

続きを読む≫ 2013/10/29 15:09:29

両建てとは、一般的に同一の通貨ペアで買いポジションと売りポジションの両方を保有することを言います。

 

この方法を利用してリスクヘッジを行うことは可能になりますが、それには幾つか条件があります。

 

まず、決済のタイミングを変えなければ意味がありません。

 

買値と売値が同じ場合、同時に決済してしまうと、収益と損失が相殺し合って結局設けは0円、それどころか決済にかかる手数料分だけマイナスになってしまいます。

 

また連動している別の通貨ペアで両建てしても可能です。

 

正確には同じ通貨ペアを用いていないので両建てとはいわないのですが、リスクヘッジが可能になります。

 

このように条件を満たすことで、売買差益では損益が相殺されますが、スワップポイントでの収益はそのまま残るので、リスクを回避した上で収益を上げていけることになります。

続きを読む≫ 2013/10/29 15:09:29

テレビのコマーシャルなどでも、この「分散投資」という言葉が使われていますので、聞いたことがある、という方も多いと思います。

 

投資の格言に中に「卵は一つの篭に盛るな」というものがあります。

 

この言葉の意味は、「卵を一つの篭に盛った場合、万が一篭を落としてしまえば、篭の中の卵は全損してしまう恐れがあるけれど、分けて卵を盛ることでひとつの篭を落としても他の篭の卵は守ることができる」、ということなのです。

 

つまり、資産を複数の通貨ペアに分けて投資することで、一つの通貨ペアで損失を出しても、利益を出している通貨ペアで補填が出来るというもので、リスクヘッジの代表的なものです。

 

「卵は一つの篭に盛るな」

 

投資をやるにあたって、しっかり覚えておきたい言葉なのかもしれません。

続きを読む≫ 2013/10/29 15:09:29

為替レートは常に変動しており、レートが悪くなった場合でも、それがどこまで悪くなるのかを見極めるのは不可能だと言われています。

 

その為、特に売買差益(キャピタルゲイン)を目的に行っている場合は、こまめに利益と損失の確定を行い決済をするのが、結果的にリスクヘッジに繋がります。

 

この損切りを自動で行ってくれるシステムとして、「ロスカット」があります。

 

FXには、取引金額に応じて必要証拠金が設定されていますが、この必要証拠金に対して口座残高が不足すると、取引業者によって強制的に決済されてしまいます。

 

この強制的な決済のことを「ロスカット」と言い、これにより投資家はそれ以上の損失を出さずに済ますことになります。

 

ロスカットと同じ意味合いで、為替の変動による損失の拡大を防ぐ方法「逆指値注文」という注文方法もあります。

続きを読む≫ 2013/10/29 15:09:29

FXの大きな特徴としてレバレッジがあります。

 

このレバレッジの効果により、FXでは少額の証拠金で大きな利益を生み出すことが出来ます。

 

言い換えれば、このレバレッジ倍率を下げることでリスクを軽減させることが出来ます。

 

この方法は、“リターンを低くすることでリスクも必然的に低くなる”というリスクヘッジの方法になりますね。

 

この他にも「投資金額を低くする」などの方法も考えられます。

続きを読む≫ 2013/10/29 15:09:29

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • 債務整理
  • 美容皮膚科

  • HOME レバレッジ倍率の調整 損切り 分散投資 両建て 差金決済